2019株式会社ベストンのインターンシップへの取り組み

ベストンでは、2016年より、「大学の世界展開力強化事業-日本と中南米が取組む地球的課題を解決する文理協働型人材養成プロジェクト」を実施している大学の一つである東京外国語大学からの要請で、中南米からの留学生をインターシップとして受け入れています。

企業の社会貢献ということでも、こうしたインターンシップの受け入れを決め、また留学生との交流により、世界に活躍する人材を広く育てていく機会にが生まれると考えております。

本年度で3年目を迎えました。今回も昨年に続き、メキシコ人の留学生をインターンシップとして受け入れています。 当社の企業体験の他に、救助活動や消火活動の体験、ビジネスマナー研修も行い、日本社会を理解を深める機会になったようです。

 

 

本年度は、感謝状をいただき、社員一同このインターンシップの取り組みを積極的に、また誇らしい思いで継続していきたいと思っております。

コメントは利用できません。

求人採用のエントリーはこちらへ

マイナビ2020
お問合せ電話はこちら