わたしたちの仲間を紹介します

私たちが目指しているもの。それは防災の仕事で一番を目指しています。しかし売り上げの一番ではありません。私たちの仕事に一番必要なのは信頼です。信頼される会社の一番を目指しています。 信頼されるために必要なもの。高度な技術、確かな知識、信頼に応える人間力。毎日研鑽を積むような思いが必要です。楽しい仕事ではありません。地味な努力が必要です。地味な努力の先に待っているのがお客様からの信頼です。その信頼を得たときに本当の喜びが待っています。それはあなたの一生の宝物になるでしょう。

被害を防ぐ予防的な対策や、実際に被害が起きたときに最小限にとどめる対策も、この仕事を通じて重要性を知ることができました。

消防設備士・防災アドバイザー内田 雄也

現在どのような仕事をしていますか。

私は今、主に消防設備の点検業務を行っています。ベストンでは様々な建物の点検を行っており、それぞれの建物により設備も異なっています。
マンションであれば、それぞれの居室に設置されている火災報知機の点検を行います。居住者のプライベートな空間に足を踏み入れることになるので、不快な思いをさせることのないように一つ一つ丁寧に取り組んで行きます。また、ビルの点検では通常の建物にはない建物全体の面積、用途などによって設備が大きく異なりますので、それぞれの設備の意義を理解しながら点検を行います。
また、一口に消防設備の点検といっても、そこに至るまでには様々な準備があり、点検が終わったあとには後処理があります。そうした業務も手分けしながら行っています。

ベストンに就職を希望した理由

私が就職活動の中で重視していたのは、自分にとってやりがいのある仕事であること、そして、会社の人間が仕事に対して誇りを持って働いていることでした。
ベストンを知ったのは合同説明会で様々な企業を調べている時でした。私は消防設備点検というものをそれまではほとんど知りませんでした。しかし、説明を受けていくと、防災という観点で社会の安全に大きく寄与する仕事なのだとわかりました。
実際に災害が起きた時に働く消防官のように目立った存在ではありませんが、ベストンの仕事が安全な社会を作っており、その一員として働きたいと思うようになりました。

仕事の中で防災というものへの意識は
大きく変わりました。

入社後印象に残っている研修は?

消防設備の点検業務には様々な資格、知識が必要です。私はベストンへ入社を決めるまでは消防設備については全く知識がありませんでした。しかし、入社してからの様々な研修によって知識を深めていくことができました。
中でも池袋防災センターなどを利用した研修では、様々な災害があった際にどのような被害が起きるのか、そして実際に災害に直面したとき、自分たちに何ができるのかを学ぶことができました。
災害について知ることで、自分たちが日々点検している設備の存在意義を理解し、より仕事に取り組む意欲が湧きました。

この仕事に携わってよかったと思うことは?

消防設備の点検が主な業務ですが、仕事の中で防災というものへの意識は大きく変わりました。今まではどこか他人事として捉えていた火事や地震といった災害に対して、今ここで実際に火事が起きた際には、どういった被害が予想されるのか、自分がどのような行動をとるべきなのかなど真摯に考えるようになりました。
東日本大震災のような大災害もあれば、日常に潜む小さな危険もあります。そうした危険に対して敏感になれたことは非常に大きな変化だと思います。被害を防ぐ予防的な対策や、実際に被害が起きたときに最小限にとどめる対策も、この仕事を通じて重要性を知ることができました。

安心を提供できる防災アドバイザーとして

今後はどのように成長したいですか?目標とする資格は?目指すキャリア像はどのようなものでしょうか。

まずは消防設備士として恥ずかしくないだけの知識を身につけることが目標です。現在乙6、乙4といった乙種の資格を取得しましたが、今後は甲種の資格を取得して、より専門的な知識と工事を行えるだけの技術を身につけたいです。
 将来的には、点検を行い建物の安全を守るだけでなく、お客様が持つ疑問や不安に対して的確に答えられるような知識を身に付けることを目指しています。
なぜこの設備が必要なのか、或いはこうした場合はどのように対処すればよいのかなど、設備が正しく動作するかだけでなく、実際の災害の際のことまで考え、安心を提供できる防災アドバイザーとして成長していきたいと考えています。

ベストンを目指す人へのアドバイス

点検業務を行うにあたって一番大事なことは誠実であることだと思います。自分がその建物の安全を担っているということを理解して仕事に取り組むことが必要です。
 そのため、単に仕事をこなして数をこなして、売り上げを伸ばしていくことを目指していくのではなく、お客様の期待以上のサービスを提供することで信頼を得ていくことで新しい仕事につながっていくことが大切になります。ノルマや競争がない代わりに、責任という意味では他の仕事よりも重大かもしれません。
 災害が起きない限り、消防設備を使用することは基本的にありません。しかし、そのいざというときのことを考えて仕事に取り組むことのできる人が向いていると思います。

求人採用のエントリーはこちらへ

マイナビ2019