プロフェッショナルを育てるための
充実した社内教育

防災は生命や財産に関わるからこそ、確かな知識と技術、 信頼される誠実な人間性の両輪が必要です。ですから、私たちはどの企業より熱心に社員教育に取り組むことを心がけています。
新入社員研修では、半年を通じ、ビジネスマナー研修や防災についての徹底した座学と実習を組み合わせて行います。
座学では、過去の火災事例を紹介しながら、 法定点検制度の成り立ちや規制が強化されてきた理由、 自動火災報知設備などの消防設備の進化の歴史について説明し、理解を深めていきます。

プロフェッショナルを証明する資格の種類

ベストンの社員は、防災設備に関する多様な資格を有しています。消防用設備等の整備、点検を行うための資格や建築基準法に基づく検査を行う資格などがあり、資格取得のサポートを会社として全面的に行っています。

◆消防設備士
甲種 特類、第1類、第2類、第3類、第4類、第5類
乙種 特類、第1類、第2類、第3類、第4類、第5類
第6類、第7類

◆消防設備点検資格者 第1種、第2種
◆建築設備検査員資格者
◆特定建築物調査員資格者
◆防火対象物点検資格者
◆建築設備診断技術者
◆免震建物点検技術者
◆防災管理点検資格者
◆第2種電気工事士
◆有機溶剤作業主任者
◆防災士

独自のテキストによる勉強とキャリアアップのための評価制度

社内共通項目・テキストの活用
社内独自のテキストを活用し、防災設備に関する基礎知識を学び、社員全体のボトムアップへつなげます。
プロフェッショナル人材の育成
ベストンでは、会社独自の評価制度を設け、やりがいと会社への貢献意欲を高めています。今後は、さらなる専門スキルの向上を目的とし、
コンピテンシー評価
コンピテンシー評価を活用することにより、社員一人一人の行動を分析し、社員が自ら目標を設定することで生きた行動目標粕になり、社員が自ら具体的な行動改善を進め、企業の業績改善へ繋げます。

賞与査定では、コンピテンシー評価、社内試験結果でを行い評価制度を導入し、賞与のへの満足度が、どと関係が深いことが示唆される結果である。従来の技術サービスだけでなく、社会に対して新たな付加価値を提供することで、将来の事業領域を拡大していくことを掲げています。
そのための人材育成の方向性として、、「将来の事業領域へのチャレンジ」、「社外採用」の3つの軸を設定し、強力に推進しています。

求める人材

自ら成長と学び統ける意志・姿勢を持っていれば、技術を つ覚えるたびに自分の成長を肌で感じる喜びがあり続けます。笑顔があればチ ームでもお客さまとのコミュニケー ションの場でも相互に信頼できる関係を
構築することができ、それが仕事の基本となります。

笑顔・
コミュニケーション力

笑顔のあるところに人が集まり、「明るい笑顔の挨拶」がコミュニケーションの第一歩です。設備の点検だけではなく、お客様への対応を笑顔できめ細かく取り組み、お客様を安心させ「+αの価値」を提供したいと考えている人材

チームワーク

お互いの存在や役割を尊重し、社内全体が同じ目標に向かって同じ課題を共有し、日々の解決のために取り組める人材

勉強意欲向上心

自ら学び、自ら考え、新たな価値の実現に向けて挑戦し続けていく人材

求人採用のエントリーはこちらへ

マイナビ2019